忍者ブログ
飯は喰いたし、眠気は強し。 そんな感じののらくら雑記帳。
[1] [2] [3] [4] [5] [6
Posted by - 2018.10.15,Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by 中の人:狐或いは右端 - 2017.09.29,Fri

メシネムはメシネムの中の人によって管理されている方向性の見えないブログです。
多分基本的に二次創作とか創作とか日々の雑記により構成されます。
生暖かい眼でぼんやり見て頂けると良いのではないかと思われます。
文章に使われる表現に暴力的或いは性的なものが含まれる可能性があるので一応 18禁 です。

一応メシネムの中の人のHNは狐とか狐麺とか名乗ってることが多いですがまあ些末な問題です。
最近は右端と名乗ることも多いやもしれません。

オンラインブックマークとやらは中の人が恥ずかしさのあまり悶死する可能性があるので勘弁してやってください
リンクは需要があるか解らんですがご自由にどうぞであります。
それと当然だけど公式と関係性はゼロですよ。あったら暗殺されてしまうじゃないか。

文字のサイズが基本状態だと小さいのですが、ご覧になりづらい場合はIEの場合ツールバー→表示→文字のサイズで調整してみてください。
それと黒地に灰字配色は管理人の目が見易いからでありまして、見辛い場合本当に申し訳ないです。


携帯だと右側のプラグインが見えないというご指摘があったので一応連絡用スイッチを置いておきます。

所謂ウェブ拍手というやつですよ。返信は雑記にて。


あと某所で色々とご迷惑をお掛けしていた奴と中の人は同一人物です。
その節は本当に申し訳ありませんでしたと言うかスライディング土下座の上ヒールで踏みにじって下さればいい。
毎度自分の所業を後悔しまくっていたんだけど、優しくして下さってありがとうございました。
この生き物、甘やかされるとつけ上がるからこの馬鹿!て罵倒するぐらいで丁度良いッスよ。

PR
Posted by 中の人:狐或いは右端 - 2017.09.28,Thu

グレンの文章類は系統別にメニューを組んであるので、各メニューから飛んでください。
手間のかかるまとめ方で済みません…。
一部(というかほぼ全て)、不快感を催す可能性のある文章を含みますのでご一読の前に注意書きをご覧ください。
そこら辺の線引きにはあまり自信がないので…。

最終更新:10’06/23:その夜彼はこの手を引いて(通常文章)


通常文章
 割と本編準拠……に見せかけてほぼ多元宇宙です。

特殊文章
 男同士でいちゃついてたり、女体化だったり、オリジナルな人が出たり。

R18文章
 一応18歳未満禁止ということで。女体化もあります。

特殊文書:楽屋裏
 本編アニメが特撮だった、という変なパラレル。※現在公開停止中です。

おまけ憑き雑記
 おまけの付いた雑記の早見表です。
 

Posted by 中の人:狐或いは右端 - 2013.05.16,Thu
タイトルで全てを書き尽してしまった感があります。
どうも、管理人です。

ここまで更新できないとは思っておらず、ただ平伏するのみです。
管理の問題なども考え、ぺくせぶさんに文章を引っ越すことも考えていたりします
(『時空間捩切冥途喫茶』を試しにアップロードしてみたりなどしました)。
ブログほどクローズドな空間ではないので、ぺくせぶさんに移行する場合は相当数の文章を置いていくことになる為、それもそれでどうなのよと悩んでいるのですが……。

ちなみにぺくせぶさんでの名義は「狐麺」の方です。
ついったさんのアカウントは「@customkitsune」となっております。
Posted by 中の人:狐或いは右端 - 2013.01.10,Thu
あけてました!
なんという惨状、管理人です。

2年半も更新が途絶えているという情けなさ、土下座しても足りぬ仕儀。
グレンラガン再放送にBD-BOX発売というこのめでたき2013年、なんとか時間を作って更新などしたいものです。

リクエストまだ消化できてねーのか!
とか
続きものどうするつもりだ!
とか
兄貴追悼ぐらい毎年ちゃんとやれや!
とか
本当にもう色々とあるのですが、じんわり見て頂ければ……と思います。
というか続きものなんてもう全部書き直したいぐらいです……。

そういえば「狐麺」名義でツイッターさんなど始めました。
しょうもないことばかり呟いています。
……ブログ雑記と同じだコレ!
Posted by 中の人:狐或いは右端 - 2012.10.03,Wed
DC全然読んでないけど、好きなヒーローと言えばダミアン・ウェイン(5代目ロビン)です。
どうも管理人です。
ダミアンの設定聴いたら知人一同全員に頷かれる自信があるよ!
バットマンは冊数が多いので、歯抜けでちょびっと持ってる程度。


ほいじゃあいってみよー、ヤングアベンジャーズ・アッセンブル!
今日はチームメンバー最年少(14)可愛くてキュートでプリティなキャシーちゃんですよ。
いや本当にキャシー可愛いんスよ。


■カサンドラ・エレノア・ラング
・愛称:キャシー(すごい稀ーに短縮で「キャス」と呼ばれることも。急いでる時とか)
・ヒーローネーム:スタチュア
2代目アントマン、スコット・ラングの娘さん。
キャラクターとしてはかなり昔から存在していたようだけど、詳しいこと知らないので……(またか!)。スコットの関連キャラとして名前も姿も出てたっぽい。
お父さんっ子のキャシー。
ところが、スコットはヒーロー活動の末に亡くなってしまう。
お母さんは再婚して新しい父もできたけど、キャシーはそんな環境にどうしても慣れることができない。
わだかまりを解消できないキャシーは、父の遺品を求めてアベンジャーズマンション(アベンジャーズの基地。スコットもアベンジャーズに参加してました)へ……。
ヤングアベンジャーズとアベンジャーズマンションで出会ったキャシーはヤングアベンジャーズへの加入を希望。
が、ただの女の子には危ないからと男子一同に止められる。
怒ったキャシーは体が大きくなって……実は、お父さんのスコットが浴びていたピム粒子を、キャシーも自身の知らない間に浴びていたのだ!(どうもスコットの体から発散されてたみたい?)
これにより、キャシーは体のサイズを縮めたり大きくしたりする能力をゲット。
父の遺志を継ぎ、ヒーローとなるためヤングアベンジャーズに参加します(最も、キャシーがヒーローになることにアベンジャーズは大反対で、アイアンマン=トニー・スタークがページ割いて説得したりもするんですが)。
さて、アイアンラッドとキャシーはカーンとの戦いの中で恋に落ちますが、アイアンラッドは前述の理由により時間旅行に出ました。
その後、マーベルの正史世界には「シビル・ウォー」というヒーローを二分する一大騒動が起こります。
この話キャシーのキャラ特性がよく出てる部分があるので、ちょっと説明しとこう。
①若手のヒーローのミスで事故が拡大、被害者が出てしまう。
②それに反発した世論、顔を隠したヒーローに平和を委ねるなんてできない! と言い出す。
③世論を受ける形で「ヒーローが個人情報を政府に登録する」という法案が出る。
④ところが法案は次第に過激化。ヒーローの情報が漏れて彼らの身内が危険に晒されることすら予想されるように……。
⑤こうして、「登録賛成派(代表:アイアンマン)」と「登録否定派(代表:キャプテンアメリカ)」に分かれて、ヒーロー同士が対立。
⑥結果的にヒーローたちが争うことで、一般市民に被害が出る……という訳でキャプテンアメリカが賛成派に投降して騒動は終了。
⑦シビル・ウォー後にもヒーロー登録法絡みでゴタゴタは沢山あるけど今回は割愛。
で、シビル・ウォーの間ヤングアベンジャーズはキャプテンアメリカの指示下で動いていました。
けれどキャシーは「登録法に逆らう意味は? ヒーロー同士で戦ってなんの意味が? 悪党と戦うためのヒーローでしょう?」と考えて1人アイアンマン側へと去ります。
このキャシーの決断以前にヤングアベンジャーズというチームが何を考えキャプテンアメリカ側についていたかの描写は殆どありません。
未登録のままヴィランと戦い、政府の組織シールドに追われているところをキャプテンアメリカたちに救われそのままその元で活動していた──という流れがあるくらい。
一応、勝手に動くなと言われつつも危機に陥っている他チーム・ランナウェイズを助けに向かうシナリオなんかもあるんですが、主義主張に関してはノータッチです。
キャプテンアメリカ側で戦っている最中、味方を容易に逃し得るワープ能力を持つウィッカンがアイアンマン側に捕えられ、それがキャシーのサイドチェンジのきっかけになります(キャシー「ウィッカンみたいに政府(警察)に捕まるのは本意じゃないの」)。
これだけ見ると味方が捕まって怖気づいたかのようだけど、実はキャシーは先に書いたように色々と考え、自分の理由を持って宗旨替えをします。
後にヴィジョンがアイアンマンの元で訓練を受けているキャシーにこっそり会いに行く話では、キャシーは仲間のスピードとのエピソードを交えて自分達のヒーローとしての矛盾を語ったりも。
メンバー内で一番「ヒーローとは何か」について考えてるのはキャシーなんじゃないかなあ……。
ああ、キャシー本当愛おしい。
それはともかく、キャシーの目的の1つは「お父さんを生き返らせること」。
夢見過ぎじゃね!? と言うなかれ、アメコミヒーローは色々な理由で蘇ることがあるので、キャシーの願いもむべなるかな。
スコットが亡くなった事件で同じく死んでいるホークアイが復活しているというのもキャシーを後押しするんじゃないだろうか。
で、『チルドレンズクルセイド』においてキャシーはアイアンラッドのタイムマシンに乗り過去へ。
そこで偶然、死の直前のスコットと出会う。
状況が物凄くバタバタしていたため、そのまま一行はスコットを連れて現代に戻って来る。
こうしてスコットは「死んでいた」のではなく、「時間をジャンプした」ことになり、キャシーは念願のお父さんとの生活を取り戻すのでした……。
……と言えれば良かったんだけどなあ……。
その後、『チルドレンズクルセイド』最後の決戦が勃発。
そこでラスボスに小さなサイズで身を隠し攻撃しようとしたスコットは、失敗して攻撃を受けてしまう。
それを見てキャシーはスコットが死んでしまったと思い、ラスボスに特攻。反撃を受けて死んでしまうのだった。
ちなみにスコットは吹っ飛ばされて気絶していただけ(ついでにサイズも小さくてみつからなかった)。
なんでキャシー殺した!?
この死を原因としてヴィジョンはアイアンラッドに破壊され、アイアンラッドはおそらくカーンとなってしまう道を歩み、仲間を失い意気消沈したヤングアベンジャーズは解散の道を辿るのであった……。
なんでキャシー殺した!?
どうにかキャシー復活しないかなあとスコットが活躍することになるらしいファンタスティック・フォー誌(そこの敵の1人が『チルドレンズクルセイド』のラスボス)を横目で見つつ、今回の紹介は終了です。
次はアイアンラッドの後にリーダーになったパトリオットにしようかな。


そうそう、キャシーの能力なんですが、ちょっと制御が効かない部分もあって、感情に従って体が大きくなったり小さくなったりしてしまいます。
怒ったり興奮したりすると大きく、恥ずかしがったり悲しくなると小さく。
この特性をピックアップされたのか、「マーベルフェアリーテイルズ」という番外編(ヒーローたちが童話のキャラクターに当てはめて展開される童話漫画)で不思議の国のアリスのアリス役をやったことも。
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
所謂web拍手って奴です。 なんか連絡等あったらここに↓
返信は飯が食えてて眠れてて、文章がまとまった時に戻ります。 基本筆無精な人間ではありますがなるべく頑張ってみます。
最新コメント
[04/04 管理人]
[04/03 サラダバー]
[10/25 字書き]
[10/25 セノ]
[10/20 管理人]
プロフィール
HN:
中の人:狐或いは右端
性別:
非公開
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]